復縁をするために必要な要素について

人間の関係を回復するためには実際に多数の手段があります。また、相手と別れてしまった場合には必ず理由が存在しています。復縁をするためには相手と良い関係を続けておくことが重要です。そして、連絡を頻繁にしておくなどの工夫も必要になります。
現実的に復縁をしたという例は非常に多いです。これはお互いが必要だという意識があるためです。離れていても相手を感じる場合には復縁の可能性もあります。また、その他にも生活が苦しくなった時に復縁を考えるケースもあります。一人で生活をするとお金も沢山必要になるため、復縁して援助をしてもらう場合もあるのです。実際には様々な理由が復縁に繋がっています。
身近な復縁に関して言えることは、将来には予測できない部分が多いことです。小さなきっかけから復縁できる場合もあるため、相手に対して諦めないことも重要です。また、復縁をするために常に別れた相手を意識しておくのも効果的です。悪くない関係が続いていれば相手も復縁を考える可能性があります。
人間同士の付き合いでは離れてこそお互いの大切さが分かります。復縁はそういった人間の本質を表現しているものです。相手に不満を感じて離れたとしても、やがては恋しくなるのが普通の人間なのです。

復縁成功の理由は私自身が大きく変わったため

私は彼氏と別れて1年経って復縁しました。自分自身、別れた時にまさか復縁するとは思ってもいました。確かに別れた時に復縁したいと思っていましたが、どうしていいかわからないまま半年が経ちました。復縁のきっかけはたまたま街で会ったことです。私は別れてから結構引きずっていたので自分を変えたくて髪型を変えたり、今までそんなに女の子らしい服装をしたことなかったのですが服装を変えたりしてイメチェンしていました。彼氏は今までの私との違いにびっくりしていました。私も自分がこんなに変わることができるなんて思っていませんでした。服装や髪形などの見た目が変わるとともに性格も少しポジティブになっていました。会話も明るくなったと思います。彼氏は会った時にそれを瞬時に感じたようで、もしかして新しく彼氏ができたの。と聞いてきました。私は彼氏はいないということを言いましたが、なんでそんなことを聞くのかわかりませんでした。次の日彼氏からメールが来て、ご飯を食べにいかないかと言われました。正直驚きましたが、私としては断る理由もないのでご飯を食べに行きました。それから何回か彼氏から誘われて、彼氏の方から復縁を申し込まれました。私としては別れてから落ち込んだりもしましたが、私自身が変わったことがよかったのだと思います。別れた時のままだと復縁しても同じ結果になってしまうのではないかと相手に思われると思います。思い切り自分を変えてみて相手に合ってみるといいと思います。

失って初めて気付いた大切な夫の存在

20代前半で結婚して、7年記念を迎えた直後、別居と離婚を経て
復縁しました。

 

 

20代前半でアメリカに渡り、国際結婚をしました。
30になるまで、家族計画は考えてなく、とりあえず自分達の
キャリアを積んで仕事に精を出していく予定でした。

 

仕事が起動に乗り、どんどん楽しくなっていき働くことがメインの毎日に
なっていき、すれ違いの生活が始まっていきました。
仕事帰りに同僚と食事に行ったり、飲みに行ったり機会が増え
休みなしで働いて行く中で、夫と過ごす時間がだんだんと
減っていきました。

 

さすがに危機を感じ、休みをとって旅行に行こうと
近くのビーチリゾートに行ったはいいものの、
喧嘩ばかりでゆっくりできず、それを機会に
『この溝は埋められないな』と感じ、家を出ました。

 

初めて、一人の生活をしていく中で私が今まで仕事に精を出して
頑張ってこれたのは、朝『行って来ます』と、家に帰ると『ただいま』
と言える相手が常にいた事、将来の家族計画の為に働いて貯金を
頑張っていた事に改めて気付きました。

 

毎日、寂しさと空しさで仕事も上手くいかなくなり、夫とよりを戻したい気持ちがどんどん大きくなっていきました。
失って初めて、どれだけ私の生活に夫の存在が大事かと時間しました。

 

話し合いの結果、復縁することになり、週に1日は夫に合わせて休みをとり
ゆっくり2人で過ごしています。

 

復縁して半年、ただ今妊活中の私はとても幸せです。

入院手術のため、復縁することになった!

結婚したのは22歳になった日でした。婚姻届は、それから一ヶ月後に出しました。出会ってから6ヶ月のスピード婚でした。別に籍を入れずに同居してもいいと思っていたのですが、両親が心配して、どうしても籍だけは入れてほしいとのたっての願いだったので、けじめだけはつけようかと籍だけは入れました。私は社会人でしたが、主人はまだ大学の五年生でしたので、降って湧いた災難であったと予測します。それでも、相手は、まあ、いつ別れてもいいやと同意したようです。私も結婚の実態を知らなかったため、一度位は結婚というものをしてもいいと思い、抵抗もなく籍を入れました。

 

ところが、結婚というのは家との結びつきが切っても切りなくて、私がそう思っていなくとも嫁という立場を要求してきます。この年、義理の母が手術することになって入院しました。すると、その看病に行くとか行かないとかの話が出てきまして、義理の兄嫁は妊娠中なので、私が何もしないわけにもいきませんでした。とはいえ、私は19歳の時、事故で九死に一生を得たような体験をしていまして、その後遺症もあり無理ができない体でした。そうしたことでトラブルとなり、結婚という紙一枚のことが面倒くさい、こんなことで結婚などした訳ではないと思い、籍を抜いてしまう決意をしたのです。それが27歳のときです。それから、主人との単なる同居生活が続きました。今の言い方をすれば、事実婚というのでしょうか。

 

ところが、42歳の時、子宮筋腫の手術をする予定を立てていたのですが、症状が突然酷くなり貧血も酷く緊急入院することになりました。そこで、主人と私が他人ということも、事情説明もするのも厄介だし、万一のことも考慮しなければならないということで、復縁してしまえということになったのです。社会的にそのほうが理解を得られやすいとやむを得ずそうしたのでした。要するに、私の復縁は手術のための同意書やら、主人が夫でないと難しいため、便宜上そうしたのでした。その後、抜くのもまたエネルギーが必要ですし加齢に伴って遺産問題などのこともあり、今のところ入籍したままになっています。

復縁後はお互いが同志に変化

友人のひとりが復縁をした経験があります。以来15年以上たちますが、今はお互い落ち着いているようです。

 

友人夫婦は恋愛結婚でした。子供が一人生まれ、普通に暮らしていました。ただ二人ともフリーランスということもあり、型にはまらない生き方をしているように見えました。

 

ところが夫の方は専業主婦の母親に育てられ、家事は妻がするものだという考えだったことが発覚。妻が夕方遅く仕事から帰宅しても、先に帰った夫はテレビを見ているという状態。それが続き、疲れた妻が爆発。

 

ただそれだけならよくある夫婦だと思います。しかしこの夫婦は、恋愛が大好きだったのです。夫婦それぞれに好きな人ができました。

 

このような時、男性よりも女性の方が悩むのでしょうか。この夫婦の場合、妻が大変悩むことになったのです。彼女の相手も既婚者でしたからなおさら。

 

何事にも一直線の妻。恋愛相手の「離婚する」という言葉もあり、夫に離婚届を出しました。夫もすんなりOK。薄っぺらの離婚届には私も印鑑を押す協力をしたのを覚えています。

 

しかしこの夫婦は、一人息子が中学を卒業するまでは、今まで通り一緒に暮らすことにしました。そしてそのことが復縁に導いたのではないかと思います。

 

結局妻の恋愛相手は離婚の行動を起こさず(よくあることです)彼女はいらいら。また彼女は仕事上で元夫から頼りにされていたこともあり、自分は元夫に必要とされている「同志」だと悟ったのでした。そして復縁しました。

 

離婚後も子供のために同居を続けていたことが、二人の復縁に導いたような気がします。まさに「子はかすがい」というところでしょうか。今は仲のいい「同志」の二人です。

復縁してよかったと思います

昔付き合っていた人と復縁しました。別れたときはもう二度度会うこともないだろうと思っていました。お互いに忙しくて時間が合わなかったり、仕事のほうが大事だったりといつの間にか合わないようになっていて自然消滅した状態でした。

 

復縁したきっかけは、何度かメールが来るようになったからです。ずっと同じメールアドレスを使っていたので向こうからメールが来ました。自分のほうは今までのメールはすべて削除してアドレスもわからない状態でした。

 

メールが来たときには誰からのメールなのかすぐわかりませんでしたが、メールを読んでみて思い出したという感じでした。何度かメールが来て、何も返信しないのは失礼かと思ってあるとき返信をしました。たぶんそのままメールをほっておいたり、メールアドレスを変更していたら復縁することもなかったと思います。

 

会ったときはもう昔のことだからと思い、特別な感情はなかったのです。単なる話し相手と思って会っているうちに、昔よりお互いに周りのことが見えてくるようになったというか、理解しあえるようになったと思いました。

 

偶然ばったり会うなんていう可能性はドラマではないのでほとんどないと思います。メールだったから連絡がつき、会うことができたと思います。

復縁のきっかけは相手と自分自身の成長

社会人になって1年目の秋、大学時代から4年付き合っていた彼氏と別れました。
理由はお互い社会人になって視野が広がり、相手に対する時間が持てなくなったこと。
特に彼氏は私の事よりも自分の事。なるべく彼氏優先に考えていた私とは大きな違いでした。

 

そんな彼氏と別れて1年、友達と色々な場所に出かけたり、他の男性と遊んだり、誰の事を気にするでもなく自由に生活していました。
元彼とは大学の友達でしたし、大学の友人を交えてたまに遊んだりしていました。
「最近は仕事は大丈夫?無理はしていない?」
そんな言葉を元彼からかけられました。
付き合ってた時はそんな事言ってくれなかったのに。
この時、少し心が動いた気がしました。
きっとまだ元彼の事が気になっていたのだと思います。

 

この後から、少しずつ元彼の事が気になっていきました。
今、何してるのかな?もう新しい彼女出来ちゃったかな…?
そんな風にウジウジ考える毎日。そんな自分が嫌でした。
でも、気になり始めたらしょうがない!そんな気持ちで、とりあえず元彼をご飯に誘いました。

 

ご飯当日、なんでこんなにワクワクしているのだろう?と疑問になるくらいの自分。
「やっぱり、好きなんだな…」と確信しました。
そんな気持ちを抱きながら、元彼とのご飯。なんだか、新鮮な気持ちでした。
付き合ってた時よりもお互いの事を色々話したり、仕事の事を話したり、他愛もない事を話したり、本当に楽しかったことを覚えてます。

 

ご飯を食べ終わった後、自分から切り出してみました。
「もう一回、付き合ってみたいな」
元彼は少し考えてから、首を縦に振ってくれました。
「前に付き合ってた頃は、自分の事をあまり話してくれなかったし、すごく子供っぽいところがあって困ってた。でも、この1年でお前はとっても成長したと思うよ。俺ももう一回付き合いたいと思った」と話してくれました。

 

1年間離れていた時間の中で、お互いが成長できたことが復縁のきかっけでした。
そんな元彼…、いや彼氏は今は大切な旦那になりました。